プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 映画レビュー
『 タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 』 (2011)

 
監  督 :スティーヴン・スピルバーグ
キャスト :ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ダニエル・クレイグ、
サイモン・ペッグ、 ニック・フロスト、トニー・カラン、トビー・ジョーンズ
 スティーヴン・スピルバーグが監督を務め、世界中で愛されている漫画「タンタンの冒険」を映像化した冒険ファンタジー。最高のVFX技術を駆使し、新たに生まれ変わったタンタンに目が離せない。
 ある日、タンタン(ジェイミー・ベル)は、ガラスケースに陳列されていた帆船の模型に魅了され購入する。ところがその直後から、彼は見知らぬ男たちに追いかけ回されるハメになる……。
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密                                  
 

Good!

映像の美しさと老若男女楽しめるストーリー。期待を裏切らない出来栄えだと思います。みなさんもタンタンと一緒に大冒険を!

アクションものを作らせるとスピルバーグは巧いですね! 実写の俳優では不可能な演技にアニメ作品ならではのカメラワークが加わって大迫力のアクション映画に仕上がっています。

原作好きにとっては犬のスノーウィが動いてることに感動! スノーウィは可愛くて賢くて、皆に気に入ってもらえるキャラクターだと思います。劇中でもすごく活躍します!

まるで実写を思わせるような秀逸な映像美を発揮しています。モーションキャプチャを使ったデジタルアニメに未来を感じました。

テンポと音楽は素晴らしいものがありました。スピード感を楽しむ映画といっても過言ではありません。個性豊かなキャラクターから溢れる魅力的なセリフにも注目してください。

タンタンの世界を長編アニメで再現するのはとても難しい。なのにスピルバーグはやってのけた。あっぱれ!

大型遊園地のアトラクションみたいな感じを充分堪能しました。ユーモアがふんだんに盛り込まれていて笑いが絶えない。この映画で初めてタンタンの作品に触れましたが、原作がどんな雰囲気なのかとても気になりました。

ハドック船長が魅力的。飲んだくれで気が短くおっちょこちょい。だけどなぜか惹かれる。

CGの技術がここまで高まってしまうと、俳優という存在に変化が生れるかもしれない。キャプチャ専門の俳優が重宝される時代がくるかな…。

トサカ頭のタンタンがフルデジタル3Dで映像化。逆転また逆転のドキドキ大冒険。スピルバーグの手腕で漫画タンタンの魅力が見事に引き出されています。


     DVD         ゲーム          CD           書籍


No good

贅沢をいうなら実写で観たかった。CGならではの表現も確かにあるけど、これなら実写に転用しても変わらない…というか色んな意味で実写用に作られた作品のように思えた。

中盤以降はこちらの気持ちと映画の進行が同期せず置いてきぼりにされてしまった。子供たちには受けると思うけど、大人はちょっと…。童心に戻るゆとりが必要なのかもしれない。

ストーリー展開が早すぎる。登場人物の心境を描ききれていない。CGの素晴らしさは堪能できた。

派手一辺倒なアクションごり押しと、単調で平坦なストーリー構成。途中からは得体の知れない脱力感に襲われた。メリハリをつけてほしい。アクションばかりにこだわって大事なことを忘れている。

背景だけはリアル。そのぶん、作り物丸出しの登場人物が浮き上がってしまって違和感満載。スピルバーグは当たり外れが大きい気がする。今回は外れということで…。

楽しいのはわかるけど、ずっと同じテンポだから疲れる。脚本にメリハリをつけてほしかった。感動できる場面などは無いのであしからず。

監督がスピルバーグということで期待していましたが、上演時間が長く感じて仕方がなかったです。大人にはキツイかな。

物語の展開が唐突すぎる気がします。もっと人物を描いてからでないと感情移入できません。タンタンファンのみをターゲットにした作品でもあるまいし。

日本のアニメやディズニーに慣れ親しんだ者からするとアッサリ感は否めません。たとえ原作と乖離したとしても、味わいのある作風にしてほしかったです。

3Dに疑問を感じた一本。原作がもつ温かみは完全に消え去り、ただの技術ひけらかし作品になってしまった。とても残念。


【関連作品】
『プライベート・ライアン』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
『シンドラーのリスト』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
ジュラシック・パーク』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
『トワイライトゾーン/超次元の体験』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
『E.T.』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
『未知との遭遇』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
『ジョーズ』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)
『激突!』 (スティーヴン・スピルバーグ監督)




スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。