プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジュラシック・パークIII』 映画レビュー
『 ジュラシック・パークIII 』 (2001)

 
監  督 :ジョー・ジョンストン
キャスト :サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ、
アレッサンドロ・ニヴォラ、トレヴァー・モーガン、ローラ・ダーン、
マイケル・ジェッター、ブルース・ヤング、ジョン・ディール、
マーク・ハレリック
 スピルバーグが製作総指揮を務めた、CGでリアルに描かれた恐竜たちが大暴れする大ヒットシリーズ第3弾。新種の恐竜や空飛ぶプテラノドンも大暴れし、ノンストップのスリルを体感させる。1作目以来の出演となるサム・ニールの熱演も見もの。
 かつて、恐竜の島で恐怖の体験をしたグラント博士(サム・ニール)は、研究資金の援助を申し出た富豪と名乗る夫妻に同行し、恐竜の島サイトBへ。そんな一行に、未知の恐竜が襲いかかり……。
ジュラシック・パークIII


Good!

前作まではマイケル・クライトンの小説を元に映画化していたけど、今回からは独自路線。内容はエンターテイメントに特化し、三度あの恐竜たちに出会える喜び。

恐竜への愛情とリスペクトがたっぷり感じられてとても良かった。スピルバーグはそれなりの巧さがあったけど、恐竜愛はこちらが上。多少のご都合主義は愛情でカバー。スピルバーグが製作に回ってくれたお陰で作品が面白くなった。

ジョー・ジョンストンらしく、空で勝負! これまで不遇だったプテラノドンが大暴れ。携帯電話の使い方も、文明に対する皮肉を演出できていて評価できます。

人間の描き方はやや難アリだったが、恐竜の描き方は素晴らしかった! 監督は人間より恐竜が好きなんじゃないの?

恐竜の表現は繊細で緻密。肌の質感や動きひとつひとつに感嘆させられる。そして、お気に入りは鳥かごのシーン。いつまでも心に残るシーンです。

『2』はエンターテイメントの失敗作。今作はエンターテイメントの成功作。妙なテクニックを使わず、テンポを重視したのが正解。真っ直ぐなパニックエンターテイメント。

ありがちな作品をCGという魔法で大迫力に変貌させた。ジュラシック・パークらしいパワーのある作品に仕上がっていたと思います。

複雑な構成を抜いて、あっさりとしたストーリーにしたのが大成功。まあ、『1』で下地を作ってくれたから複雑さを省くことができたのかもしれないけど。子供と一緒に楽しめる映画になりました。

恐竜は鳥類? 爬虫類? 作品的には鳥類だったか……? しかしあの無感情な瞳は怖いですな。一種の殺戮兵器に見えなくもない。あ、家族愛がテーマです!

恐竜を使ったジェットコースタームービー。中だるみが無く、上映時間もちょうどよかった。『1』の主人公を再登場させたのは正解。彼の登場でグッと引きつけられた。


     DVD         Blu-ray         CD        同シリーズBlu-ray


No good

やっぱりT・レックスを主役にもってこなきゃ盛り上がらない。迫力に欠ける。スピノサウルスの魅力の無さったら……。

やっぱりT・レックスを主役にもってこなきゃ盛り上がらない。迫力に欠ける。スピノサウルスの魅力の無さったら……。

登場人物が出てきた瞬間、生き残るか、死ぬか、が分かってしまう。シリーズが子供向けサバイバル映画に凋落した。何も感じることができないストーリーを、どうにかできなかったのか……。

スピノサウルスとティラノサウルスの一戦にはゲンナリ。あんなことあるはずないでしょ。

シリーズモノが辿る駄目路線を規定通り進行中。このままどんどん悪くなっていくんだろうな……。客演とはいえ、ローラ・ダーンはもう少し出番があってもよかった。

大幅なスケールダウン。名作ジュラシック・パークは時を経てB級映画にたどり着いた。しかし、まどろっこしい理念を捨てたお陰で、非常に見やすい映画になったことは確か。

ストーリー展開がマンネリ。もっと違う展開で話を進めてほしかった。そして声を大にして言いたいのはテーマ曲の使い方! 間違ってる。どんだけ聴かせるんだよ。もういいよ。

作り手も観てる側もとっくに飽きてる。飽きてるからいい加減に作ってしまうし、こっちも真剣に観る気がない。何一つ感じるものが無かった。

3作目だから駄作でOKという感覚が理解できない。つまらなくて当然ならば、シリーズ進むごとに料金下げてください。そうしてくれないと納得できない。

とにかく酷い出来。上映時間が短いことにこれほど感謝したことはない。過去作と比較してるんじゃなく、単体のみで判断して駄作。


【関連作品】
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』 (同シリーズ)
ジュラシック・パーク』 (同シリーズ)
『キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー』 (ジョー・ジョンストン監督)
『ジュマンジ』 (ジョー・ジョンストン監督)
『ロケッティア』 (ジョー・ジョンストン監督)
『ミクロキッズ』 (ジョー・ジョンストン監督)
『モンタナの風に抱かれて』 (サム・ニール出演)
『イベント・ホライゾン』 (サム・ニール主演)
『マウス・オブ・マッドネス』 (サム・ニール主演)
『ピアノ・レッスン』 (サム・ニール出演)
『レッド・オクトーバーを追え!』 (サム・ニール出演)
『サンキュー・スモーキング』 (ウィリアム・H・メイシー出演)
『マグノリア』 (ウィリアム・H・メイシー出演)
『エアフォース・ワン』 (ウィリアム・H・メイシー出演)
『ファーゴ』 (ウィリアム・H・メイシー出演)
『陽のあたる教室』 (ウィリアム・H・メイシー出演)
『告発』 (ウィリアム・H・メイシー出演)
『ボビー・フィッシャーを探して』 (ウィリアム・H・メイシー出演)
『ディープ・インパクト』 (ティア・レオーニ出演)
『バッドボーイズ』1995年 (ティア・レオーニ出演)
『フェイス/オフ』 (アレッサンドロ・ニヴォラ出演)




スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。