プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『風立ちぬ』 映画レビュー
『 風立ちぬ 』 (2013)

 
監  督 :宮崎駿
キャスト :庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、
スティーブン・アルパート、 風間杜夫、竹下景子、志田未来、
國村隼、大竹しのぶ
 宮崎駿が「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画を基に、日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。主人公の声には『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明を抜てき。
 大正から昭和にかけての日本。不景気や貧困が社会を覆うなか、堀越二郎は、片田舎で少年時代を過ごしながらも、飛行機の設計者になることを決意し、その夢は実現するのだが…
風立ちぬ


Good!

宮崎氏には珍しく、実在の人物を主人公に据えた作品。夢の偉大さを描いたアニメーション映画といえよう。大きな夢の前では負の産物も霞む。どんな時代にも夢を持って生きようという宮崎氏のメッセージが込められているように思う。

動力駆動を描かせたら宮崎駿の右に出るものはいないだろう。その実力はこの作品においてもいかんなく発揮されている。また、昔の建物の質感を極めて精巧に描いている。集合のシーンにおいては顔の描写まで細かく表現できていて、綿密な描画姿勢は本当に恐れ入る。

作品の中で滴り落ちる血が描かれているのだが、それは本当に登場人物の血だろうか? もっと大勢の血ではないのか。二郎の飄々とした性格も気になる。二郎と菜穂子はある意味対極の存在として描かれている。1つの事象、例えば戦争をとっても捉える感性は人それぞれである。戦時を生きた人々を二郎と菜穂子で表現したのではないだろうか。

現代ならば2時間という長編アニメを作ることができるが、昔はもっと短かったはずである。しかし、その短い中にも喜怒哀楽が含まれており、人になんらかの感情を与えていたものだと思う。短編アニメに感化された経験を持つ宮崎氏は、短いシーンをつなぎ合わせることで1つの作品を作ろうとしたのではないだろうか。

荒井由実の「ひこうき雲」は名曲。久石譲の挿入曲も大変素晴らしく、曲の印象そのものが作品の印象そのものであると言っても過言ではない。このあたりは評価すべき点。風と飛行をうまく描ききった作品。


   絵コンテ集        書籍           CD           絵本


No good

宮崎駿のやりたい事はできている。それを観客視点で述べると、エピソードの羅列をただ漠然と目に写すことだ。当たり前の情報を垂れ流し、意味の無い説明を繰り返す。スクリーンと観客の溝は深まるばかりである。

映像がとても美しく、美術の質も細かいところまでよく行き届いている。しかし、ストーリー性に乏しく、破綻を怖がったために結論を避けたようだ。「いつものジブリだな」という感想。ジブリにとって、映画館は技術の高さを発表する展覧会場。製作者の血と汗こそ伝わるものの、登場人物のそれは見ることができない。いつものジブリと違う点は、子供に人気が無いことか。

「生きねば。」のキャッチコピーに騙されることなかれ。生や死を描いたとは言いがたい作品です。声役庵野秀明を主役の声に抜擢したものの、これが大ハズレ。何を話すときにも一辺倒な声質。

宮崎駿氏の自伝ともとれる作品。戦闘機製作に没頭する二郎を、若き日の自分自身に見立てた夢の物語。夢か幻か。その非現実的な人物と物語。疲労に満ちた宮崎氏の記憶には、夢幻しか残っていないのかもしれない。

堀越二郎が抱える矛盾を消化することなく、ただ生きる姿を描写。内面を描かずに実像に迫れるだろうか。「死の商人」である二郎を軽く表現することで得たものは何か。中途半端な出来に、広告代理店からの圧力を撥ね退けられなかった監督の姿が垣間見られる。


【関連作品】
『崖の上のポニョ』 (宮崎駿監督)
『千と千尋の神隠し』 (宮崎駿監督)
『もののけ姫』 (宮崎駿監督)
『紅の豚』 (宮崎駿監督)
『魔女の宅急便』 (宮崎駿監督)
『となりのトトロ』 (宮崎駿監督)
『天空の城ラピュタ』 (宮崎駿監督)
『風の谷のナウシカ』 (宮崎駿監督)
『ルパン三世 カリオストロの城』 (宮崎駿監督)
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』 (庵野秀明監督)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』 (庵野秀明監督)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 (庵野秀明監督)




スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。