プロフィール

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BECK』 映画レビュー
『 BECK 』 (2010)

 
監  督 :堤幸彦
キャスト :水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、
向井理、カンニング竹山、倉内沙莉、水上剣星、古川雄大
 ハロルド作石の漫画『BECK』を原作とした青春映画。原作1巻から10巻までの内容を元に映像化。 監督は『20世紀少年』の堤幸彦。劇中「グレイトフル・サウンド」野外ライブシーンは、2009年フジロック終了翌日に苗場スキー場で撮影された。
 非凡なボーカルの才能を持つ高校生、コユキ(佐藤健)は偶然、ニューヨーク帰りの天才ギタリスト南竜介(水嶋ヒロ)と出会う。竜介は才能溢れる千葉(桐谷健太)、平(向井理)を誘い、BECKというバンドを結成し、そこにコユキとサク(中村蒼)という若いメンバーも加わる。バンドが成功を重ねていく中、ある日、ロックフェスへの出演依頼が舞い込むが……。
BECK                         
 

Good!

なんてったってバンドメンバーが個性にあふれて最高! これはキャストも良かったが脚本の良さであろうし、監督の手馴れた演出のお陰だろう。全体を通して誰でもわかる仕上がりだし、純心だし、自分探しもあるし、「伝えたい」というテーマも押さえていた。青春映画の佳作でしょう。

作品内でバンドを組む出演者5人は楽器経験がほとんど無かったろうけど、映画で見て違和感無しになっているのはさすが今注目されている俳優陣といったところ。

音楽映画としてではなく、青春映画との見方をすれば秀作だと思います。ひとつの目標を共有し、目指し、ぶつかり合い、挫折し、友情で障害を乗り越えてラストで目的を達成する。青春映画の王道で感動させてくれる。音楽をやっている人には、少し物足りないかも。

悪役の要素をもっている竜介を水嶋ヒロが演じきれるのか? この不安は登場とともにすぐに払拭されました。全体を通して、とても良くできていたと思います。

意外な展開はないが、破綻もない物語は、すっきりと楽しめた。演技もよかったし、いい映画だと思います。BECKのメンバーがめちゃくちゃかっこいい!

ライブシーンはとってもノリがよくて良い感じで見ることができました。かっこいい男の子たちが青春している姿に癒されました♪

原作がマンガということでストーリーは多分にご都合主義。しかしそこが直球勝負でとにかく面白い。さらにキャストがいい。特に忽那汐里。ふと見せる横顔に哀愁が映り、心に染み渡るたび胸が締め付けられる 。

BECKのメンバーは役者としてオーラがあるためか、実際のバンドより輝いていた。カンニング竹山氏もいい味だしてますよ!

最後のコンサート・シーンに感動しました。音楽を通してひとつになった仲間の絆の強さ。涙が止まらなかった。バンドをやってた人には共感できる映画でしょう。

佐藤健さんがクチパクなんですが、私はまぁこの演出でもありかなーとは思いました。だって「奇跡の歌声」を演出するのは無理でしょ。


     DVD          Blu-ray          CD          マンガ


No good

リアリティに欠ける演出が目立ったが、非現実的であることが駄目なのではなく、そういうことがあり得そうな<現実>を作品の中で構築してほしい。

劇中に出てくるライバルバンド「ベルアーム」。このバンドは蘭という大きな力の助けをかりて大宣伝攻勢にでます。さらにボーカルにはヴィジュアル重視のyoshitoを使い、本当にいい曲を作っている「BECK」を音楽以外の要素で押しのける。しかしこの構造は映画『BECK』そのもの。イケメン俳優をかき集め、大宣伝攻勢をかける。作品の中身と作品を取り巻く環境で大きな矛盾が。

これはとても残念ですが、採点不能です。なぜかってだってバンド映画のくせにボーカルが歌わないから。

歌声を聞かせないことには目をつぶったとしても、ストーリーがくだらなすぎる。メンバーはどうでもいい周辺事情じゃなく、もっとバンドや音楽に直接関係するところで悩むべきじゃないのか。

とってつけたような、お笑い芸人やプロレスラーなどキワモノ系のカメオ出演など、大人の事情があるにせよ製作側の手で映画の質を落としている部分が残念だった。

マンガを原作にするという安易な方法を捨てて、良いアイデアを映画人自らで探してほしい。

またも子供向け青春映画だった。幼稚な演出。幼稚なストーリー。高校生にもなれば、もっといろんなモノを見て聞いて読んでほしい。そうすればこんな駄作は世に出ない。

2時間30分にまとめるには、少し無理があったように感じました。

作品中で挿入される空などの映像は邪魔に感じました。昔の堤監督ならもっと良い映像を作れたのではないでしょうか。

佐藤健のコユキは、かっこよすぎてるんですよねー。いじめられっ子感が全くないんです。もう少し若くて、素で弱々しい感じの役者さんであればよかったのに。


【関連作品】
『まぼろしの邪馬台国』 (堤幸彦監督)
『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』 (堤幸彦監督)
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』 (堤幸彦監督)
『20世紀少年』 (堤幸彦監督)
『銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~』 (堤幸彦監督)
『トリック劇場版』 (堤幸彦監督)
『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』 (堤幸彦監督)
『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』 (堤幸彦監督)
『ドロップ』 (水嶋ヒロ出演)
『GSワンダーランド』 (水嶋ヒロ出演)
『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』 (水嶋ヒロ主演)
『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』 (堤幸彦監督・佐藤健出演)
『ROOKIES -卒業-』 (佐藤健・桐谷健太出演)
『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』 (佐藤健主演)
『ひゃくはち』 (桐谷健太・中村蒼出演)
『クローズZERO』 (桐谷健太出演)
『守護天使』 (忽那汐里出演・カンニング竹山主演)



スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://movie0407.blog106.fc2.com/tb.php/12-801baee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BECK[ベック]

ハロルド作石の大ヒット同名コミックを『20世紀少年』シリーズや 『トリック』シリーズの堤幸彦監督が映画化した青春音楽ストーリー。 取り柄もなにもない平凡な毎日を過ごす高校生が帰国子女の天才ギタリストと 出会うことで音楽の魅力に取りつかれ、天才ギタリストが結…
[2010/11/01 01:01] だらだら無気力ブログ

【BECK】

監督:堤幸彦 出演:佐藤健、水嶋ヒロ、向井理、桐谷健太、中村蒼、忽那汐里  本当にへ平凡な人生だった・・・あの男に出会うまでは。 「コユキは同級生のパシリをさせられるような地味な高校生、毎日の退屈な日常が竜介と出会って変わった。ニューヨーク帰りのギ
[2010/11/04 14:33] 日々のつぶやき

BECK

「月刊少年マガジン」に連載されていたハロルド作石による人気漫画を「20世紀少年」の堤幸彦監督が実写映画化。苛められっこの高校生が、帰国子女の天才ギタリストひょんなことから知り合い、その音楽の才能に気付く。そしてバンド“BECK”を結成し様々な困難を乗り越え...
[2010/11/04 17:55] LOVE Cinemas 調布

『BECK』

&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「BECK」□監督 堤幸彦□脚本 大石哲也□原作 ハロルド作石□キャスト 水嶋ヒロ、佐藤 健、桐谷健太、中村 蒼、忽那汐里、向井 理■鑑賞日 9月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5?...
[2010/11/09 17:19] 京の昼寝~♪

『BECK』

※この映画にはあっと驚く仕掛けがありますが、 ネタバレになりますので、それについては触れてありません。 ----“発行部数1500万部を超える大ヒットコミック”? 出版不況と言いながら...
[2010/11/09 18:24] ラムの大通り

理屈では語れない映画。『BECK』

人気コミックを実写版映画化した作品。バンドを組んだ青年たちの物語です。
[2010/11/10 12:58] 水曜日のシネマ日記

BECK

平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健)は偶然NY帰りの天才ギタリスト南竜介(水嶋ヒロ)と出会う。竜介は才能溢れるメンバー千葉(桐谷健太)、平(向井理)を誘い、バンドを結成。 さらに竜介は強引にコユキとサク(中村蒼)という若いメンバーを加えてバンドBEC...
[2010/11/18 07:16] voy's room

「BECK」

行きつけのシアターでもいよいよ今週金曜で上映が終わってしまう…というのでようやく観てまいりましたよ映画「BECK」 初めて劇場で予告編を観た時から、心を鷲掴みにされて頭の中をオアシスのナンバーがぐる...
[2011/02/23 19:31] 華麗なる人生を目指して ~グルメとエンタメとアンチエイジング~

BECK 鑑賞 3歳児の嘘くらいバレバレ

バレます といっても、 この手の映画はバレようがバレまいが さほどストーリーに謎もないし、 原作アリなので問題なし! 問題は先入観だけ なので、まっさらな気持ちでみたい人はお避けください 映画もバラすし、原作とも比較する まず、キャスト ...
[2011/02/24 15:00] ハクナマタタ

映画 「BECK」

映画 「BECK」
[2011/02/24 15:34] ようこそMr.G

BECK/水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太

シネコンで配布していたお試し版コミックを何気に読み始めたらこれが面白そうでなかなかいい感じ。その冊子には物語序盤辺りのダイジェストしか載ってなかったので宣伝サイドの思 ...
[2011/02/24 17:28] カノンな日々

BECK

8月30日(月)@文京シビックセンター大ホール。 男性限定試写会は極めて珍しい。 一度家に帰り、着替えてご飯を食べてからのんびり出かけた。 ガラガラかと思っていたら、案に相違して、若者中心に結構な人出。 着替えてから出かけて大正解だった。 リーマンの姿...
[2011/02/24 17:28] あーうぃ だにぇっと

『BECK』

約2時間半ロック漬け&amp;hellip;35年ぶりくらいか今や、我が家のレコード&CDの棚は酔っ払いオヤジのジャズと自分のクラシックで埋まっています。でも、その昔若かりし頃にはロックが並んでいた事もあったんです。まあ、古い時代なんでレッド・ツェッペリン、ディープ・...
[2011/02/24 21:26] beatitude

BECK

 このところよく見かける青春音楽映画の一つにすぎないのではと思いましたが、予告編で見て面白そうでもあったため、『BECK』を近くの吉祥寺で見てきました。 (1)この映画のストーリーは、マイナーな存在ながらテクニックは抜群のロックバンド“BECK”が、紆余曲折を経?...
[2011/02/24 21:38] 映画的・絵画的・音楽的

『BECK』を新宿ピカデリースクリーン10で観て、あの事はともかくとして、ちょっと満足な男ふじき☆☆☆(ネタバレ)

五つ星評価で【☆☆☆いい部分も悪い部分もあるけどおおむね満足】 青春って奴は。全く。 普通に面白い。 あれはやっぱり良くないと思うけど、 それでも、そのあれが映画に ...
[2011/02/24 22:08] ふじき78の死屍累々映画日記

映画「BECK」

 音楽大好きだから、ちょっとは期待していたんだけど。それはないでしょ。
[2011/02/24 23:03] 今日の素敵さがし

BECK ベック

「BECK」 通常版 [DVD]打ち込むものをみつけた喜びとかけがえのない仲間との友情が熱く伝わってくるバンド系青春音楽映画だが、サウンドの演出には疑問が残る。平凡な毎日をおくる内 ...
[2011/02/24 23:47] 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

BECK

「BECK」 通常版 [DVD](2011/02/02)水嶋ヒロ、佐藤健 他商品詳細を見る<<ストーリー>>ハロルド作石原作による大ヒットコミックを映画化。 平凡な毎日を送る高校生のコユキは、天才的なギターテクニックを...
[2011/02/25 03:14] ゴリラも寄り道

BECK

ショックは薄かったので、よしとしましょう!
[2011/02/25 07:53] 迷宮映画館

BECK

2010/09/04公開 日本 145分監督:堤幸彦出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理、カンニング竹山、松下由樹、中村獅童奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベッ ...
[2011/02/25 09:44] 映画鑑賞★日記・・・

BECK

公式サイト  http://www.beck-movie.jp/ 絵が好みじゃないのでコミックスは持っていないけど、原作は全話読んだし、一応ファンだ。 原作は音の無いマンガだし、それにそれに音を加えて実写化するというのは、ファンとしては嬉しい試み。 ただ、音楽が重要なアイテム...
[2011/02/25 12:30] 萬歳楽の酒飲み日記

BECK

BECK ★★★☆☆(★3つ) 向井理、水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼の豪華メンバーが話題となっていた、人気コミックの映画化。 特に好きな俳優さんがいなかったので、DVD鑑賞です。 いや~、天性の才能を開花させるヴォーカル、コユキ(佐藤健)の声は出ない!(?...
[2011/02/26 11:03] 食はすべての源なり。

映画 「BECK」

原作は未読です。 以下、ネタバレ含みます。
[2011/02/26 14:39] 塩ひとつまみ

BECK

BECK’10:日本&#160;◆監督:堤幸彦「20世紀少年」3部作「明日への記憶」◆出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理 ◆STORY◆内気な高校生の幸雄(通称コユキ)は、 ...
[2011/02/26 22:46] C'est joli~ここちいい毎日を~

「BECK」バンドの成長過程を経た先にみた雨の意向にかき消されたサイレントミュージック

9月4日公開の映画「BECK」を鑑賞した。 この映画はハロルド作石原作の「BECK」を映画化した作品で、 平凡に過ごしていた高校生が帰国子女の男と 出会い音楽に目覚めてバンドに入 ...
[2011/02/28 06:19] オールマイティにコメンテート

【映画】BECK

▼動機 「コスプレコント」としては出来が良さそう? ▼感想 コユキの声は「モスキート音」ってやつ? ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ このへん  ▼あらすじ 平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健)が、偶然天才ギタリストの南竜介(水嶋ヒロ)と出会い、?...
[2011/02/28 20:43] 新!やさぐれ日記

10-285「BECK」(日本)

いつか、自分の気持ちを伝えたくなる時が来る   自分はつまらない人生を送るだろうと半ば諦めていた平凡な高校生、コユキ。  そんな彼の前に、音楽のことだけは妥協を許さないニューヨーク帰りの天才ギタリスト、南竜介が現われる。彼の飼い犬“BECK”を助けたこ...
[2011/03/27 01:14] CINECHANが観た映画について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。