プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウルフマン』 映画レビュー
『 ウルフマン 』 (2010)

 ウルフマン ブルーレイ&DVDセッ
ト [Blu-ray] amazon
監  督 :ジョー・ジョンストン
キャスト :ベニチオ・デル・トロ、エミリー・ブラント、アンソニー・ホプキンス、
ヒューゴ・ ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリン、
マリオ・マリン・ボルケス、エイサ・バターフィールド、リック・ベイカー、
デヴィッ ド・スコフィールド、エミール・ホスティナ、ジェシカ・マンレイ
 1941年の映画『狼男』をリメイクしたサスペンスホラー。『ジュラシック・パークⅢ』のジョー・ジョンストン監督、特殊メイクの巨匠リック・ベイカー、そしてベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキ ンスの2大オスカー共演による、恐ろしくも悲しいストーリー。
 1891年のイギリス。故郷のブラック・ムーアへ帰ってきたローレンス(デル・トロ)は、兄を殺した殺人鬼を追って返り討ちにされてしまう。殺人鬼の正体はウルフマンであり、彼に傷を負わされたローレンスもまた同族になってしまう。
ウルフマン


Good!

恐怖をかき立てる重厚な音楽。昔では不可能だったリアルな変身シーン。そして美しくも悲しいストーリー。ただのホラーに終わらない、上質のエンタメ映画です。アンソニー・ホプキンスって、映っているだけで恐い(笑)。

変身シーンの迫力は圧巻! あえてCGではなく特殊メイクをメインにしたことで、クラシック的な魅力が引き出されています。旧作へのリスペクトかな?

ジョー・ジョンストン監督の作品には『ミクロキッズ』や『ジュマンジ』に見られるように、野性への尊敬や畏怖の念が色濃く込められている。今回も同様だ。何せ、主人公そのものが野性になるのだから。CGを使わず、あえて生身の役者が狼男を演じた理由も、そこにあるのでは。

この手のモンスター映画は、切ない悲恋が本当にマッチしますね。グロ描写のオンパレードは好みの別れるところでしょうが、徹底してゴシック色を追求した幻想的な世界観は堪りません。

名優たちの見事な演技、ゾクゾクくる恐怖、そして主人公の苦悩と人間ドラマ。過去の狼男映画の頂点と言っていい傑作。それにしても、デル・トロはとても英国紳士には見えない!

古典の怪物映画を真っ正面から、変に奇をてらわずにリメイクした作品なので、飛び抜けた斬新さや新鮮味はない。だが芝居、演出、舞台、そして雰囲気までもが非常に丁寧に描かれていて好感が持てる。

モノクロの色調が狼男の怖さを上手く際立たせていました。R-15指定にすることでスプラッターシーンも容赦なく盛り込まれており、単純なホラー映画としてもよく出来ています。

ヒロイン役のエミリー・ブラントが素晴らしかった。彼女の憂いを帯びたセクシーな表情が、クラシカルで荘厳な背景にとても美しく映えていた。彼女の新しい魅力を発見。

19世紀初頭イギリス。片田舎にある古い洋館。薄暗く深い森、松明のユラユラとした灯り……そんなゴシックホラーの世界にどっぷりと浸れる、雰囲気だけでも十分楽しめる作品。

最も印象に残ったのは、精神病院で椅子に縛られた主人公が狼男になるシーン。あの映像だけでも見る価値ありです。「人間が何かに変わる映像」において、このシーンは間違いなくトップレベルです。



No good

贅沢なキャストのわりに、光るもののない映画だった。なぜ今この古典を、何のヒネリもなくリメイクしたのだろうか? ホラーとしてもドラマとしても、ことごとく中途半端に終わってしまっている。

呪われた我が身を苦悩する人間ドラマを重厚に作れるだけのキャストが揃っていたのに、ただのモンスター映画になってしまった。安易なインパクトのみを求めた、ひたすらグロシーンをまき散らす進行は稚拙この上ない。

とにかく「不意を突いた大音響で驚かす」という、古典的な手法を延々と繰り返す。もうしつこいくらいにワンパターンに。いい加減腹が立ってきます。

ストーリーの肝であるはずの親子の確執の描写が浅い。せっかくデル・トロとホプキンスを起用しておいて、ここを適当に流しちゃいけないだろう!

前半部分の「見えそうで見えない」狼男の演出は、恐怖感が煽られてとてもよかったのだが、いざ全体像が見えてしまうとあまりの着ぐるみ感にガックリくる。お陰でそれ以降、緊迫感がかなり削がれてしまった。

そうそうたる俳優陣を揃えながら、狼男の心情洞察が不完全で、ドラマとしては盛り上がりに欠ける。狼男のスピード感には目を見張るものがあるだけに、あと一歩で傑作に届かなかった惜しい作品。

何の真新しさもない、悪い意味でのクラシックな狼男。正直、どこが見どころだったのかが分からない。変身シーン映像? 親子の争い? 怪物と美女のロマンス? どれをとっても見尽くした感があり、「何で今さら?」と問いたくなってしまう作品。

精神的な怖さではなく、視覚的嫌悪感で怖がらせる典型的スプラッターホラー。噛みちぎる、引き裂くもいいが、恐怖の演出ってそれだけじゃないだろう。

主人公ローレンスと、ヒロインのグエンの関係がいい加減過ぎる。ローレンスの兄さんの婚約者だったグエンが、いつの間に、どういうわけで、あんなにローレンスのことを好きになったんだ? ここ、かなり重要な部分だと思うんだけど……。

この時代に、あえてCGを極力抑えて「狼男」を撮った意味は何だったのだろうか。それでいてやってることは、スピードと音響で誤魔化すくだらない子供騙し。

  Blu-ray & DVD     別作DVD       別作DVD       フィギュア

【関連作品】
『狼男』1941 (オリジナル)
『ザ・ウルフマン』 (狼男関連)
『ウルフマン・リターンズ』 (狼男関連)
『ウルフマン』2004 (狼男関連)
『狼男アメリカン』 (狼男関連)
『ジュラシック・パークIII』 (ジョー・ジョンストン監督)
『ジュマンジ』 (ジョー・ジョンストン監督)
『ミクロキッズ』 (ジョー・ジョンストン監督)
『チェ 39歳 別れの手紙』 (ベニチオ・デル・トロ主演)
『チェ 28歳の革命』 (ベニチオ・デル・トロ主演)
『21グラム』 (ベニチオ・デル・トロ出演)
『トラフィック』 (ベニチオ・デル・トロ出演)
『007 消されたライセンス』 (ベニチオ・デル・トロ出演)
『ヴィクトリア女王 世紀の愛』 (エミリー・ブラント主演)
『プラダを着た悪魔』 (エミリー・ブラント出演)
『マイ・サマー・オブ・ラブ』 (エミリー・ブラント出演)
『9デイズ』 (アンソニー・ホプキンス主演)
『レッド・ドラゴン』 (アンソニー・ホプキンス出演)
『ハンニバル』 (アンソニー・ホプキンス主演)
『ミッション:インポッシブル2』 (アンソニー・ホプキンス出演)
『ジョー・ブラックをよろしく』 (アンソニー・ホプキンス出演)
『アミスタッド』 (アンソニー・ホプキンス出演)
『ニクソン』 (アンソニー・ホプキンス主演)
『日の名残り』 (アンソニー・ホプキンス主演)
『羊たちの沈黙』 (アンソニー・ホプキンス出演)
『エレファント・マン』 (アンソニー・ホプキンス出演)
『冬のライオン』 (アンソニー・ホプキンス出演)
『ロード・オブ・ザ・リング』 (ヒューゴ・ウィーヴィング出演)
『マトリックス』 (ヒューゴ・ウィーヴィング出演)
『ベイブ』 (ヒューゴ・ウィーヴィング声)
『チャーリー』 (ジェラルディン・チャップリン出演)
『愛と哀しみのボレロ』 (ジェラルディン・チャップリン出演)
『ドクトル・ジバゴ』 (ジェラルディン・チャップリン出演)
『ライムライト』 (ジェラルディン・チャップリン出演)




スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://movie0407.blog106.fc2.com/tb.php/23-066e2c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルフマン

1941年公開の著名な古典作品『狼男(原題:The Wolf Man)』のリメイク。満月の光を浴びて狼男に変身した主人公が己の罪に苦悩するサスペンスホラーだ。主演は2人のオスカー俳優、アンソニー・ホプキンスベニチオ・デル・トロ。共演に『ヴィクトリア女王 世紀の愛』...
[2010/11/09 16:38] LOVE Cinemas 調布

ウルフマン

2010年5月1日(土) 17:45~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ウルフマン』公式サイト 古臭い題材、古臭い設定、古臭いストーリーの、「いつの時代の作品だよ!」な映画。実際、大昔の...
[2010/11/09 17:34] ダイターンクラッシュ!!

ウルフマン/ベニチオ・デル・トロ

近年なんだか大流行りになっている感のドラキュラ物のブームに便乗してるのかどうかわかりませんが、ドラキュラの対立軸として登場することの多い狼男を主人公にしたサスペンス・ホラーです。主演にベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンスと二人のオスカー俳優を配...
[2010/11/09 18:20] カノンな日々

『ウルフマン』

※ちょっと辛口な部分もあります。各ファンの方はスルーしてください。 (原題:The Wolfman) 「いやあ一瞬勘違い。 ...
[2010/11/09 18:20] ラムの大通り

ウルフマン (2010)

THE WOLFMAN アメリカ 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリン、他 なぜ今更?という気もしないでもないですが 古典ゴシックホラーのリメイク?...
[2010/11/09 18:48] 肩ログ

狼男~『ウルフマン』

 THE WOLFMAN  1891年、英国・ブラックムーア。シェークスピア劇の舞台俳優として活躍して いるローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、兄ベンが失踪したとの報せを受けて 帰郷する。生家タル...
[2010/11/09 21:01] 真紅のthinkingdays

映画:ウルフマン

 最近、見たい映画がどんどん終わってしまう。上映終了ぎりぎりに見てもそれを記事にする時間もない。と言うわけで、2週間前によく行く映画館の最終日に見た映画ウルフマンです。
[2010/11/10 01:58] よしなしごと

ウルフマン

満月の夜。銀弾。苦悩する狼男。
[2010/11/10 21:51] 悠雅的生活

「ウルフマン」

 2010年/アメリカ  監督/ジョー・ジョンストン  出演/ベニチオ・デル・トロ     アンソニー・ホプキンス     エミリー・ブラント  1941年のホラー「狼男」のリメイク。主演はベニチオ・デル・トロ。  兄が行方不明になり、故郷に戻ってきた舞台...
[2010/11/11 01:18] It's a wonderful cinema

ウルフマン

ウルフマン’10:米◆原題:THE WOLFMAN◆監督:ジョー・ジョンストン「ジュラシック・パークIII」「遠い空の向こうに」◆出演:ベニチオ・デル・トロ 、 アンソニー・ホプキンス 、 エミリー・ブラント 、 ヒューゴ・ウィーヴィング◆STORY◆19世紀、イギリス・ブラ?...
[2010/11/15 22:20] C'est joli~ここちいい毎日を~

『ウルフマン』『ダレン・シャン』をけっこう前に新橋文化で観た男ふじき

■『ウルフマン』 五つ星評価で【☆☆凡作です】 「その凡作は鈴木凡作なのか、  田中凡作なのか、  それとも誰か他の凡作なのか、  はっきりしてくれ」 そう思われた人 ...
[2011/03/05 01:17] ふじき78の死屍累々映画日記

ウルフマン

The Wolfman ロンドンで舞台に立っていた俳優ローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)の元に、彼の兄弟ベンジャミンの婚約者グエン・コンリフ(エミリー・ブラント)が訪ねてきた。 ベンが行方不明になり、同じ晩に村人が2人も殺されたと彼女は助けを求めるが、…
[2011/03/05 06:57] I am invincible !

「ウルフマン」は19世紀版アルカーイダ?

公式サイト。1941年の「狼男」(原題は同じTHE WOLFMAN)。ジョー・ジョンストン監督、ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング。 ...
[2011/03/05 07:48] 佐藤秀の徒然幻視録

『ウルフマン』

クラシックホラーとVFX。怪優アンソニー・ホプキンスと名優ベネチオ・デル・トロ。まさに新旧が巧く融合した映画でした。 まぁ脚本に目新しさは特にないものの、クラシックホラー ...
[2011/03/05 08:38] こねたみっくす

ウルフマン

「タイトル『狼男』でいいやん」 『ウルフマン』を観てきました。 ★★★★ ぜーんぜん期待してなかったけど、意外と面白かった。 モンスターホラー映画の古典を最新のVFX技術で再構築。 リック・ベイカー本人が関わってるから、狼男に変身する場面は『狼男アメリカン?...
[2011/03/05 13:12] そーれりぽーと

ウルフマン

満月の夜に起こる惨劇に隠された呪われた一族の忌まわしい事実とは?__。1941年製作のホラー映画の古典『狼男』をベースに、『ロケッティア』などのジョー・ジョンストン監 ...
[2011/03/05 13:34] パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

ウルフマン

古典的正統派+スピード感で迫られた。
[2011/03/05 14:47] 迷宮映画館

ウルフマン (The Wolfman)

監督 ジョー・ジョンストン 主演 ベニチオ・デル・トロ 2010年 アメリカ映画 119分 ホラー 採点★★★ イメージってのはどうも妙な所で固まってしまうようで、ドラキュラもフランケンも狼男も、それこそユニバーサルホラーからハマーホラー、新旧問わず観まくって…
[2011/03/05 16:05] Subterranean サブタレイニアン

『ウルフマン』 ('10初鑑賞64・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月29日(木・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 15:00の回を鑑賞。
[2011/03/05 20:51] みはいる・BのB

ウルフマン

【THE WOLFMAN】 2010/04/23公開 アメリカR 15+ 102分監督:ジョー・ジョンストン出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング ...
[2011/03/05 22:15] 映画鑑賞★日記・・・

ウルフマン(2010)

 今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。 連休最終日、遅まきながら本作を鑑賞して来ました。評判は今一つらしいのですが、とりあえず観ることにしました。レディスディで休日とあってほぼ満席でした。 さて感想です。せっかく豪華キャストなのに残念、、、、...
[2011/03/05 22:44] 銅版画制作の日々

ウルフマン

木曜レディースディは 会社帰りにユナイテッドさんにて  「ウルフマン」を 観てきましたっ!
[2011/03/05 22:52] 20XX 映画観てきましたっ!

ウルフマン

正統派の古典ホラーって感じで、 可も無く不可もなくって 感じでした。 ベニチオ・デル・トロや アンソニー・ホプキンスは さすがですが、 ストーリーは正直普通かなぁ~。 荒れ果てた古城のような 豪邸は雰囲気がありました。 19世紀末、兄の行方不明の知らせ...
[2011/03/06 01:20] ルナのシネマ缶

ウルフマン

<<ストーリー>>19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、到着早々無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。犯人の捜索中にウルフマンに襲われた...
[2011/03/06 07:21] ゴリラも寄り道

ウルフマン

けっこう前から楽しみにしていたベニチオ・デル・トロの『ウルフマン』がようやっと日
[2011/03/06 10:06] C note

ウルフマン(2010年)

(原題:THE WOLFMAN) 【2010年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) 1941年に公開されたユニバーサルの古典モンスター映画「狼男」をリメイク。 行方不明になり不審な死を遂げた兄の死を調査する、舞台俳優の男に降り掛かる恐怖を描いたサスペンス・ホラー。 ...
[2011/03/07 02:02] ともやの映画大好きっ!

「ウルフマン」

「ウルフマン」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 デルトロさま……。 好きなんです、デルトロさま。 はっきり言います。 どう見ても狼男ではなく猿の惑星でした! ホラーというほど驚かされもせず、物語も単純なのでとにかくデルトロさまだけ注目してたんですが。 デ...
[2011/03/07 16:23] てんびんthe LIFE

「ウルフマン」

「スリラー」等で有名なリック・ベーカーの 特殊メイクがどんな進化をしたのか楽しみで見ました。 80年代映画の小道具を駆使したアイデアが チープでも妙にドキドキしたあの感じが 好きなんですよね。 今回の変身もラテックスゴムな顔や手足が ちゃんとみょ~んとの...
[2011/03/10 23:47] 暇さえあれば映画ミル

10-109「ウルフマン」(アメリカ)

呪いを解けるのは、愛する者だけ  1891年、舞台俳優として活躍するローレンス・タルボットは、兄ベンの婚約者グエンから兄が行方不明になったとの報せを受け、25年ぶりに英国ブラックムーアの生家タルボット城に帰ってきた。そして、母の死を機に疎遠となっていた父ジョ...
[2011/04/10 01:25] CINECHANが観た映画について

『ウルフマン』

JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:119分  原題:THE WOLFMAN  配給:ジェネオン・ユニヴァーサル  監督:ジョー・ジョンストン  主演:ベニチオ・デル・トロ      アンソニー・ホプキンス ?...
[2011/04/10 17:27] La.La.La

ウルフマン

満月の夜になると、凶暴な獣人・狼男に変身して人々を襲う古典ホラー 『狼男』をリメイクしたホラーサスペンス。 兄の死の真相を捜査していたところをウルフマンによって怪我させられて しまい、その結果自らもウルフマンとなって人々を襲うようになった男の 運命と苦悩…
[2011/05/13 01:38] だらだら無気力ブログ

映画評「ウルフマン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ジョー・ジョンストン ネタバレあり
[2011/05/13 06:42] プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

《ウルフマン》

ウルフマン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]/アンソニー・ホプキンス,エミリー・ブラント,ベニチオ・デル・トロ ¥3,990 Amazon.co.jp 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・...
[2011/05/13 10:42] 日々のつぶやき

狼男といえばリック・ベイカー 『ウルフマン』

■ストーリー『1891年、舞台俳優として活躍するローレンス・タルボットは、兄ベンの婚約者グエンから兄が行方不明になったとの報せを受け、25年ぶりに英国ブラックムーアの生家タル ...
[2011/05/13 13:22] ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション

ウルフマン The Wolfman

●「ウルフマン The Wolfman」 2010 アメリカ Universal Pictures,Relativity Media,Stuber Pictures,102min. 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング <2010年度アカデ...
[2011/05/14 12:50] 映画!That' s Entertainment

『ウルフマン』 名優揃いなのですが、今…ワォーーーンって、いわれても…ねぇ

『ウルフマン』 にほんブログ村 (C) 2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. 『トラフィック』でアカデミー助演男優賞のベニチオ・デル・トロに、『羊沈』での同主演男優賞受賞のアンソニー・ホプキンスですからね、それにヒロイン役...
[2011/05/15 08:01] ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー

【映画】ウルフマン

<ウルフマンを観て来ました> 原題:The Wolfman 製作:2010年アメリカ 1941年に製作された「狼男」をリメイクした作品。最近リメイクはやってますね(笑)。 元がしっかりしてるから安心して製作できるって点もあるんでしょう。当時は難しかった表現も、今な?...
[2011/05/15 09:55] ★紅茶屋ロンド★

『ウルフマン』 (The Wolfman)

ローレンス・タルボットは舞台俳優としてシェイクスピアの舞台に立っていた時、兄の婚約者グウェンから兄が失踪したという知らせを受け、長年別居していた古屋敷に住む父の元へ戻ってきた。しかしローレンスが到着した時、兄はすでに遺体となって発見されたと言われる。酷...
[2011/06/07 06:55] Mooovingな日々

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。