プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花』 映画レビュー
『 映画プリキュアオールスターズDX3
未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花 』
(2011)

 小説 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花 (角川つばさ文庫) amazon
監  督 :大塚隆史
キャスト :小清水亜美、折笠富美子、水樹奈々、水沢史絵、桑島法子、
久川綾、沖佳苗、喜多村英梨、中川亜紀子、小松由佳
 女の子に絶大な人気を誇る「プリキュアシリーズ」の、歴代クロスオーバー作品の第3作目。同時にシリーズ映画作品の第10作目。合計21人のプリキュアが出演し、これまでの劇場作品の敵たちと再び対峙する。最終作ということもあり、オールスターズシリーズの集大成となっている。
 北条響と南野奏は、妖精のハミィと一緒に巨大ショッピングモールへとやって来た。そんな中、かつてプリキュア達を苦しめた強敵達が蘇り、世界を暗黒化させるべく結託し動き出す。響と奏はそれを阻止すべく、プリキュアに変身するのだが…。
映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花                     
 

Good!

プリキュアもついにここまで来たかと思わせる大作。作品バラバラのチームで戦ったり、妖精達との別れを描いたりなど、オールスターズ最終作に相応しい内容でした。プリキュアが好きな人なら涙なくして観られない映画です。

笑い、アクション、涙ありの、王道を行く演出が熱い。全員分の変身シーンはかなり長いのだが、子供にとっては重要なものだと思う。最近のプリキュアしか知らない子供たちが、ブラックやブルームを見て「カッコいい!」と騒ぐ姿がとても微笑ましかった。

リーダー格を集めたピンク組、知性とお淑やか系のホワイト組、曲者揃いのイエロー組と、それぞれのチーム内での独特な空気感と戦い方が面白かった。終盤の妖精達との絆には、思わず涙腺が緩んでしまう。

オールスターズシリーズとして最高の出来栄え。離れ離れになったプリキュアたちが、友情と正義を信じて勇気を持って悪に立ち向かう。その姿に心を打たれる。

上映時点で最新作のプリキュアであるキュアメロディとキュアリズムはもちろん、歴代プリキュアにもちゃんと活躍の場が与えられている。キュアマリンの相変わらずのはっちゃけ具合に安心した(笑)。

期待通りの面白さ。絵も綺麗だし、必殺技はバンクを使わず新しく作られているのが嬉しい。最後のオールスターズにするにはもったいないのでは?

新人プリキュアである響と奏が、先輩たちに支えられ成長していく姿が感動的。終盤には、「大切な友達である妖精達」と「世界」を天秤にかけねばならない重い展開になる。大人にも是非観て欲しい作品。

どんなに辛く苦しくても、決して希望は捨てない。誰かのために立ち上がる。これこそプリキュアの真髄である。人との出会い、別れ。笑い合い、泣き、励まし合うことの大切さが全部詰まっている。日本のヒロインの姿がここにある。

物語のクライマックスに合わせて、実際に客席の子供たちにライトを振らせる演出が面白い。今のこんな時代、こんな日本だからこそ、多くの子供たちに観てもらいたい。

マリンに対するベリー、レモネードに対するルージュなど、不遇とされる彼女たちに「突っ込み」という見せ場が与えられていたのが嬉しい。あと、美希のタコ嫌いや、かれんとくるみの関係等、かつての設定が随所に活かされていたのも好印象。


     小説          CD          旧作DVD        旧作DVD


No good

さすがに21名ものプリキュアが出るのは無理がある。ラストのしんみり感もちょっと……これだけお子様ランチの話なのだから、もっと素直に「お祭り」に特化しても良かったのでは?

小さな女の子向けのお祭り作品だというのは分かる。が、70分の作品の5%近くもの時間が変身シーンというのは、如何なものか。

語りの場面や感慨に耽るシーンが多く、この手の映画にしては少しテンポが悪い印象を受けた。また、1作目2作目と違いエンディングがダンスじゃなくなってしまったのが残念。あれはかなり盛り上がるのに。

登場人物が多過ぎて、ゴチャゴチャして観辛いことこの上ない。微妙に扱いの悪いキャラがいるのも気になる。やっぱりアクのない子は埋もれてしまうという、悲しい現実。

一言でいうなら飽和状態。それぞれ一言ずつセリフはあるものの、何だか学芸会の劇を思わせる。オールスターズはやっぱりもう限界では?

プリキュアたちが吹き飛ばされるシーンで、律儀に一人ずつ「わー、キャー、ヒエー」と飛ばされていくのは少しくどい。ただでさえ尺が足りないのだから、そこら辺はもっとやり様があっただろう。

シリーズ毎にキャラクターデザインの異った人物たちが一堂に会するので、やはり作画の不自然さは否めない。特にハートキャッチ勢などは、ところどころかなり違和感を持った。

開始5分で変身、以降の半分以上がほぼ戦闘シーン。いかにバトルに重点を置いたシリーズとはいえ、幼女たちの観る作品としていささか首を捻らされる。

DX1と2を観ていることが前提なので、ろくにメンバーたちの紹介的がなされずにストーリーが進行する。これは少し不親切なのではないだろうか。しかもメインであるスィートプリキュアの二人が先輩たちに食われている。

劇場での上映では、震災に配慮して約20秒のカットシーンがある。おそらくは怪物登場による津波か何かの発生場面を削ったのだろうが、もう少し上手くカットできなかったものか……急にブツリと音声が途切れ、一気に現実に引き戻されてしまった。


【関連作品】
『映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』 (プリキュア関連)
『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』 (プリキュア関連)
『映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?』 (プリキュア関連)
『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』 (プリキュア関連)
『映画 Yes! プリキュア5 Go Go! お菓子の国のハッピーバースディ♪』 (プリキュア関連)
『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』 (プリキュア関連)
『映画 ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!』 (プリキュア関連)
『映画 ふたりはプリキュア Max Heart 2 雪空のともだち』 (プリキュア関連)
『映画 ふたりはプリキュア Max Heart』 (プリキュア関連)
『名探偵コナン 漆黒の追跡者』 (小清水亜美、折笠富美子、水樹奈々声)
『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』 (小清水亜美、水沢史絵声)
劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来』 (折笠富美子声)
『おまえうまそうだな』 (折笠富美子声)
『劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝』 (折笠富美子声)
『劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY』 (折笠富美子声)
『映画 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島』 (折笠富美子声)
『キン肉マンII世 マッスル人参争奪!超人大戦争』 (折笠富美子声)
『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』 (水樹奈々声)
『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』 (水樹奈々声)
『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』 (水樹奈々、桑島法子声)
『テイルズ オブ ヴェスペリア ~ The First Strike ~』 (水沢史絵声)
『劇場版MAJOR メジャー 友情の一球』 (水沢史絵声)
『名探偵コナン 戦慄の楽譜』 (桑島法子声)
『ドラえもん のび太とロボット王国』 (桑島法子声)
『アリーテ姫』 (桑島法子声)



スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://movie0407.blog106.fc2.com/tb.php/59-0bbd4485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 プリキュアオールスターズDX3 見てきました。 感想

まず・・最初に書きたいことが一つ。私の想像以上のアニメ作品でした。いい意味で。 映画 プリキュアオールスターズDX3  「未来にとどけ!世界を繋ぐ☆虹色の花」 見てきましたので、感想と、グッズのレビューを書いてみます。 まだ見ていない人も多いの...
[2011/04/04 14:53] 1977年生まれのオタク人生

映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花

プリキュアオールスターズ21人パワー全開!! みんなの応援で、映画館に奇跡の星が降りそそぐッ!! ABC系列にて放送されている女の子に大人気のアニメ「プリキュア」シリーズ。歴代プリキュア勢揃いのDXシリーズ第3弾で...
[2011/04/04 22:56] 『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba

【プリキュアオールスターズ DX3】

「3つの世界にバラバラに飛ばされてしまったプリキュアたち。 本来の仲間や相手がいない中で、ボロボロになって戦うが一緒にいなくても相手を信じる気持ちを思い出しそこを脱出する」 4歳の姪っ子が今一番好きなのがプリキュア!女の子に人気ありますねー テレビシ
[2011/04/05 10:43] 日々のつぶやき

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 | 青空、闇、そしてふたたび青空。

『プリキュア』『ドラえもん』『ヒアアフター』… 日本が未曾有の危機に陥っている時に、 津波や、地球が滅亡しかかる様を描いた映画が 公開されたというのは、偶然のひと言 ...
[2011/04/09 11:48] 23:30の雑記帳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。