プロフィール

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『メン・イン・ブラック3』 映画レビュー
『 メン・イン・ブラック3 』 (2012)

 
監  督 :バリー・ソネンフェルド
キャスト :ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、
エマ・トンプソン、アリス・イヴ、ジェマイン・クレメント、
マイケル・スタールバーグ、ニコール・シャージンガー、
デヴィッド・ラッシュ、マイケル・チャーナス
 人類にまぎれて地球に生息するエイリアンの行動を監視する男たちの奮闘を描いた人気シリーズ『メン・イン・ブラック』の第3弾。本作では時空を飛び越えて過去を舞台にエイリアンとの戦いが繰り広げられ、Kの無愛想な性格の秘密やJの出自などが明らかにされる。
 極秘組織MIBのエージェントのJ(ウィル・スミス)は、最近単独で動くK(トミー・リー・ジョーンズ)を不審に思い、真相を問いただすが、何の情報提供もしてくれない。頭にきたJは、自分で当該事件ファイルを調べるが、何故かアクセス拒否されてしまい……。
メン・イン・ブラック3


Good!

ジョシュ・ブローリン、うますぎです。完全にトミー・リー・ジョーンズになりきってました。クスクス笑える部分や愛くるしいところもあり、このシリーズをより好きになりました。

今回のMIBは本当に面白かった。コメディだけど、ウルッとくる場面もあって、かなり物語に力を入れたなという印象。4作目があるなら、できるだけ早く製作してください。

タイムスリップの設定を緩くしたのは正解。元来不可能なものなので小難しくしたところで説得力がない。シンプルな設定でいい。

JとKの結成秘話と信頼関係についてとても感慨深く描かれています。ダニー・エルフマンの音楽がよくできている。

2が駄作で、3公開まで10年かかっちゃったけど、これが大正解。旧作に縛られることなく、まるでファースト作品のような仕上がり。もちろん、続編との繋がりはちゃんとあり、それでいて新感覚のMIB。

過去の作品は特に趣きもなく、どちらかというと嫌いなシリーズだったけど、今作はストーリーが凝っていて面白かった。

グロテスクでもあり、どこか愛嬌もある宇宙人たちが出てきて、映画にアクセントをつけてくれます。このシリーズではなぜか宇宙人が身近な存在に感じられます。もう少し多めに宇宙人を出してほしかったかな。

ジョシュ・ブローリンの演技は完璧でした。Kの特徴を余すことなく自らに吸収して演技に挑んでいた。さすがに29歳の設定には無理があったけど。

ああしておけばよかったという思いは誰もが経験するもの。だけど、人生にタラレバは無い。タイムスリップしてあの日に戻りたい。そんな思いを映画で体現しよう。きっとあなたの感情を満たしてくれます。

脱獄囚との戦闘は見ごたえがあったし、タイムジャンプやバイクアクションも迫力があった。活劇としても秀逸な作品だと思う。会話もテンポも全てよし。


     DVD        フィギュア        フィギュア       フィギュア


No good

異星人の容姿が不快。

トミー・リー・ジョーンズが好きで観に行ったのですが、出番少なすぎ! それもそのはず。老けすぎていて悲しくなってしまいました。当然ウィル・スミスとの掛け合いも激減していて残念だった。

宇宙人の扱いに不満。新しい宇宙人に期待したが、むしろ劣化。ストーリーは坦々と進み、どこで楽しんだらいいの分からない。今作は引き付けるものがなかった。

ウィル・スミスのファンなので観に行きましたが、くだらなすぎてガッカリしました。引き込まれたのは脱獄の場面だけ。あとは退席を我慢するだけの苦行になりました。思い入れのない方は観る価値ありません。

この映画に3Dは不要。そもそも3Dで楽しめるように作られていない。3D上映のため、わざわざビルのシーンを入れるなど本末転倒。映画界の信頼が失墜する前に業界内で考えるべき。

痛快コメディかと思って観に行ったら、路線変更しててガッカリ。真面目なドラマになってます。次作は元に戻してほしいなぁ。

ウィル・スミスとジョシュ・ブローリンのアクションは……どうなの?って感じがした。あと、次回作が作りにくい締め方でしたね。MIB4は製作されないとみていいんでしょうか……。なんか寂しいな。

期待せず観に行きました。しかし、その予想を上回るつまらなさでした。B級テイストを入れておけば客は納得するだろうという安易さ。もっと工夫してほしかったですね。

今のトミー・リー・ジョーンズに極秘組織のエージェント役は無茶でしょ! まぁ、その分、ジョシュ・ブローリンが頑張ってくれた。この様子だと次回作は無い……?

女神がサングラスかけてないじゃないか!


【関連作品】
『メン・イン・ブラック2』 (同シリーズ)
『メン・イン・ブラック』 (同シリーズ)
『バラ色の選択』 (バリー・ソネンフェルド監督)
『アダムス・ファミリー』 (バリー・ソネンフェルド監督)
『7つの贈り物』 (ウィル・スミス主演)
『ハンコック』 (ウィル・スミス主演)
『アイ・アム・レジェンド』 (ウィル・スミス主演)
『幸せのちから』 (ウィル・スミス主演)
『ALI アリ』 (ウィル・スミス主演)
『ワイルド・ワイルド・ウェスト』 (ウィル・スミス主演)
『バッドボーイズ』1995年 (ウィル・スミス出演)
『告発のとき』 (トミー・リー・ジョーンズ主演、ジョシュ・ブローリン出演)
『ノーカントリー』 (トミー・リー・ジョーンズ主演、ジョシュ・ブローリン出演)
『逃亡者』1993年 (トミー・リー・ジョーンズ出演)
『沈黙の戦艦』 (トミー・リー・ジョーンズ出演)
『JFK』 (トミー・リー・ジョーンズ出演)
『プラネット・テラー in グラインドハウス』 (ジョシュ・ブローリン出演)
『ミミック』 (ジョシュ・ブローリン出演)
『グーニーズ』 (ジョシュ・ブローリン出演)
17歳の肖像』 (エマ・トンプソン出演)
『新しい人生のはじめかた』 (エマ・トンプソン出演)
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』 (エマ・トンプソン出演)
『ラブ・アクチュアリー』 (エマ・トンプソン出演)
『いつか晴れた日に』 (エマ・トンプソン主演)
『ジュニア』 (エマ・トンプソン出演)
『父の祈りを』 (エマ・トンプソン出演)
『日の名残り』 (エマ・トンプソン出演)
『ハワーズ・エンド』 (エマ・トンプソン出演)



スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://movie0407.blog106.fc2.com/tb.php/84-6ed8e685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。