プロフィール

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ライジング・ドラゴン』 映画レビュー
『 ライジング・ドラゴン 』 (2012)

 
監  督 :ジャッキー・チェン
キャスト :ジャッキー・チェン、クォン・サンウ、ジャン・ランシン、
ヤオ・シントン、リアオ・ファン、ローラ・ワイスベッカー、
アラー・サフィ、オリヴァー・プラット、ケイトリン・デシェル、
ヴィンセント・ツェ
 ジャッキー・チェン主演の香港・中国合作映画。ジャッキーは『サンダーアーム/龍兄虎弟』『プロジェクト・イーグル』同様「アジアの鷹」と呼ばれるトレジャー・ハンターを演じており、「体を張った本格アクションからは今作限りで引退」と宣言した。ジャッキーがカンフーはもちろん、カー・アクションをはじめとするスリリングなスタントを披露する。
 幻のパーツの捜索を依頼されたトレジャーハンター「アジアの鷹」ことJC(ジャッキー・チェン)は、チームを編成してパリ、南太平洋、中国などを飛び回る。しかし、行く先々で彼らの行く手を阻む敵と遭遇し……。
ライジング・ドラゴン


Good!

ジャッキーが最も得意なストーリー構成で臨んだ作品です。アクション映画ですが、暴力映画ではありません。ご家族で最後まで楽しんでいただけると思います。ラストのアクションシーンでは鳥肌が立ちます。

多人種が登場するということなので吹き替えで観賞しました。さすがジャッキーです! 命に関わる危険なアクションシーンをさらりとこなしています。

テンポが軽やかでノリが良く、ストーリーがガンガン進んでいきます。最後まで誰もが安心して観られるのはジャッキーの手腕。

50歳をとうに過ぎたジャッキーのアクション映画を恐る恐る観てみた。不安は杞憂に終わった。なんて楽しそうに演技しているんだろう! 間一髪のアクションシーンが見どころ!

ジャッキー最後のアクション大作。ローラースーツのスピード感、ドーベルマンとのコミカルアクション。そして、最後は……。最近のジャッキー映画に失望させられっぱなしの方にもおすすめです。

エンドロールでジャッキーのインタビューがあります。これが最後のアクション作品と聞いて唖然。体を張ったジャッキーの演技を観たあとなので驚きました。まだお疲れ様を言いたくない。もっともっと活躍してほしいです。

冒頭にて、大掛かりな全身ローラーブレードによるアクションを披露。てっきりラストの大一番にもってくるものだと思っていたので驚愕。その後も最後まで飽きさせない怒涛のような展開。

アクションは激しくて、危険なものが多かったと思います。しかし、その中に優しさが溢れていて、ジャッキーの人類愛がこもった作品になっています。

ジャッキーといえば、小物を使ったカンフーアクション。それを今作でも観ることができるのですが……。ジャッキーは若手を育てようとしているのかもしれません。そんなジャッキーが好きです。

アクションでは、プロレスの空中技を取り入れるなど、斬新さが目立ちました。内容に関しては、有名な映画のオマージュや、ジャッキーの過去の作品のセルフオマージュなどもふんだんに散りばめられていて、ジャッキーの懐の深さを感じました。


     DVD         ポスター       パンフレット     Blu-ray BOX


No good

ジャッキーの気持ちがこもっていない作品。引き付ける演出が無く、だらけた内容が延々続く。せめてもの思いでアクションを期待したが、ジャッキーひとりではアクションシーンを背負いきれなくなっていて、他の登場人物が分担して補助している状態。

コメディがつまらない。ジャッキーの作品で笑えたのは1980年代まで。その後は時代錯誤のジョークをごり押され、追い討ちに「ここで笑えよ」という合図まで送ってくる始末。今作『ライジング・ドラゴン』も例に漏れず。

ジャッキーの映画作りですが、かなりの劣化を感じました。出だしこそ良かったのに、だんだん調子を落としていって、最終的にはウンザリ系。政治を絡めてきたことにもガッカリ。

観ていて悲しくなりました。ジャッキーの動きにキレが無くなっていて、老体を駆使しすぎてるのがこちらにも伝わってきました。かつての感想と違った痛々しさを、最後のNG集から感じました。もっと早く引退してもよかったのではないでしょうか。

本来、ジャッキーのアクションは胸に響く格闘アクションだったはず。いつからスタント中心になったのだろう。カンフーは使わなくてもいいから、せめてシナリオに沿った、人の心を奮わせるアクションをやってほしかった。

脚本が陳腐。最初、ジャッキーのチームがどういう目的で、何のための集団なのか分からなかった。話が進んで、登場人物が心変わりをするのですが、どういういきさつで心変わりをしたのか不明。ライバルも突然出てくる。

古い笑いをわざとらしく持ってくるので、映画館では相当すべってました^^ くどくて面白くない。にもかかわらず、撮影中のジャッキーの満足顔が目に浮かんでしまい、また苦笑。

ご都合主義でストーリーが進む。ラストもあれでいいのかと疑問。作品の中にプロパガンダが含まれていたとしても、それは一向に構わない。しかし、この映画にあの中途半端なプロパガンダが必要だろうか?

何でも放り込んで詰め込んだ構成。海賊のシーンはいらなかったんじゃないかな。中だるみの原因になった気がする。

欧米人と日本人を暗に批判した内容になってますので、これから観られる方はお気をつけください。総評ですが、アクションこそ、そこそこ楽しめますが、物語はぐだぐだのダラけまくり。久々に、映画を観て「長い」と感じました。


【関連作品】
『ラッシュアワー』 (ジャッキー・チェン主演)
『酔拳2』 (ジャッキー・チェン主演)
『シティーハンター』 (ジャッキー・チェン主演)
『プロジェクト・イーグル』 (ジャッキー・チェン監督、主演)
『ポリス・ストーリー/香港国際警察』 (ジャッキー・チェン監督、主演)
『スパルタンX』 (ジャッキー・チェン主演)
『プロジェクトA』 (ジャッキー・チェン監督、主演)
『キャノンボール』 (ジャッキー・チェン出演)
『クレージーモンキー 笑拳』 (ジャッキー・チェン監督、主演)
『ドランクモンキー 酔拳』 (ジャッキー・チェン主演)
『スネーキーモンキー 蛇拳』 (ジャッキー・チェン主演)
『カンニングモンキー天中拳』 (ジャッキー・チェン主演)
『蛇鶴八拳』 (ジャッキー・チェン主演)
『少林寺木人拳』 (ジャッキー・チェン出演)



スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://movie0407.blog106.fc2.com/tb.php/91-52adbd6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。