プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

おすすめ

洋画


邦画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

さも観たかのような映画レビュー
巷のレビューサイトを要約&集計。集計したレビューを 「Good!」 と 「No good」 に分けて掲載
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『R100』 映画レビュー
『 R100 』 (2013)

 
監  督 :松本人志
キャスト :大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、
佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、渡部篤郎
 ダウンタウンの松本人志がメガホンを取ったけた外れの異色作。第38回トロント国際映画祭に出品され、地元紙が全出典59作品中唯一星1つという最低評価を付けた。
 男(大森南朋)はMの誘惑に負け、1年という期限付きでミステリアスなクラブへの入会し、えもいわれぬ快感を得る。ところが、その内容は次第にエスカレートして、家族にまで影響を及ぼし始めるようになり…
R100


Good!

万人受けする映画では無いですが、退屈せずに最後まで観れました。松ちゃんらしいお笑いも多数。彼はキューブリックみたいな奇才の匂いを感じる。

すごくしっかりと作られた『世にも奇妙な物語』のような感じ。過去の松本作品の中でも最高作品。

主人公片山を演じた大森南朋さんがいい。今までのキャリアを覆す、体当たりのドM役でした!

松本人志が昔から好きなものが沢山詰まってあり、普段からダウンタウンのお笑いに触れている人にはたまらない映画。

最初はシリアスな物語を展開、途中でガラッと作品自体の種明かしをしつつ、一段高い次元から物語の終焉へ……『大日本人』からの松本監督の得意パターンがお見事です。


    DVD           DVD          DVD           DVD


No good

「分かるやつだけ分かればいい、常人に俺の感性は理解できんやろ。」という監督の声が聞こえてくる。

映画を壊すと言っていたらしいけど、元々これは映画とは言えない。芸人がおだてられ、勘違いして撮っただけなので、映画としての体を成していない。脚本の時点でボツにすべき作品。

面白くないと言われるのが怖くて、作品中で色々言い訳しているのが痛々しい。内容も思想もメッセージもなく、完全にお金と時間のムダ。

支離滅裂で意味不明。片手間に遊び半分で映画監督をやられても困ります。

松本氏が「国際映画祭で上映されたとき、客がみんなラストシーンで口をポカンとあけていた。『やった、ざまあみろ』と思いましたよ」と舞台挨拶で言っていました。これは物作りをする人にとって致命的です。「他人を楽しませよう」としてではなく「自分が楽しむ」ために作っているのですから。しかもその創作姿勢が芸術だと思っている辺り、二重に駄目です。


【関連作品】
『さや侍』 (松本人志監督)
『しんぼる』 (松本人志監督)
『大日本人』 (松本人志監督)
『東京プレイボーイクラブ』 (大森南朋主演)
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 (大森南朋出演)
毎日かあさん』 (大森南朋出演)
『日本沈没』2006年 (大地真央出演)
『キャタピラー』2010年 (寺島しのぶ主演)
『機関車先生』 (寺島しのぶ出演)
『シベリア超特急2』 (寺島しのぶ出演)
『かもめ食堂』 (片桐はいり出演)
『ハチ公物語』 (片桐はいり出演)
『デビルマン』 (冨永愛出演)




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

『バイオハザードII アポカリプス』 映画レビュー
『 バイオハザードII アポカリプス 』 (2004)

 
監  督 :アレクサンダー・ウィット
キャスト :ミラ・ジョヴォヴィッチ、シエンナ・ギロリー、ジャレッド・ハリス、
オデッド・フェール、ソフィー・ヴァヴァサー、トーマス・クレッチマン、
マイク・エップス、ザック・ウォード、イアン・グレン、
マシュー・G・テイラー
 人気ゲームから生まれたSFアクション映画『バイオハザード』の続編。監督はアレクサンダー・ウィットへ交代となったものの、主演のアリス役は『I』に引き続きミラ・ジョヴォヴィッチが務める。
 アンデッドの街と化したラクーンシティから脱出を試みるアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)らは、街を荒廃させた元凶である“T-ウィルス”の開発者アシュフォード博士(ジャレッド・ハリス)の存在を知る。博士は街からの脱出方法を教えるというが…
バイオハザードII アポカリプス


Good!

二作目でありながらも駄作にならず、バイオファンに納得してもらえる作品になりました。前作ほどホラー性はありませんが、アクションの見せ方が巧く、上質なエンターテイメント映画になっています。

ジルファン歓喜! シエンナ・ギロリー、この女優さん、ジルにそっくりじゃないですか。この映画、とにかくジルとネメシスの再現率が高い! ゲームファンにおすすめ!

追跡者ネメシスの名セリフに感動。CGで作られていないネメシスはいいね。監督、よくわかってらっしゃる。

ゲームがめちゃめちゃ上手い人のプレイ動画を観ているような感じです。アクションゲームが下手な私にとっては大変爽快でした。

街全体が舞台となっていて、ゲーム『バイオ3』の雰囲気を堪能できる。ガンアクションとしても成功しているので、ゲームをプレイしたことない人も純粋に楽しめるだろう。


    DVD          Blu-ray         ワッペン       バッジ


No good

前作は全体的につまらなかったが、ゾンビのインパクトは残せたと思う。今作はゾンビを仕方なく登場させてる気がしてならない。その点において、おしいという印象が否めない。

どうしてゾンビの動きを早くしちゃうんだろ。あれじゃ、人間と同じだよ。ゾンビの恐怖は機能じゃない。漂ってくる恐怖を描いてほしかった。ヒロインを二人登場させたこともマイナス要因。

アリスが強すぎ。強くなる理由があったとしても、「無駄な強さ」を感じる。ホラー要素を無くしてアクション偏重で作ったのはまだ許せるとして、バランスを崩すほどの強キャラは避けるべきだった。映画ファンが物足りなさを訴えるのはその辺ではないかな。

映像全体が暗すぎる。雑なカメラワークもいただけない。たいした謎が無く、ゲームシリーズで鉄板のタイムリミットの活かし方も悪い。

ジルのパンチラ不足。


【関連作品】
『バイオハザードV リトリビューション』 (同シリーズ)
『バイオハザードIV アフターライフ』 (同シリーズ)
『バイオハザードIII』 (同シリーズ)
バイオハザード』 (同シリーズ)
『パーフェクト・ゲッタウェイ』 (ミラ・ジョヴォヴィッチ主演)
『ジャンヌ・ダルク』 (ミラ・ジョヴォヴィッチ主演)
『フィフス・エレメント』 (ミラ・ジョヴォヴィッチ出演)
『ラブ・アクチュアリー』 (シエンナ・ギロリー出演)
『オーシャンズ12』 (ジャレッド・ハリス出演)
『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 (ジャレッド・ハリス出演)
『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』 (オデッド・フェール出演)




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

『バイオハザード』 映画レビュー
『 バイオハザード 』 (2002)

 
監  督 :ポール・W・S・アンダーソン
キャスト :ミラ・ジョヴォヴィッチ、エリック・メビウス、ジェームズ・ピュアフォイ、
コリン・サーモン、ミシェル・ロドリゲス、マーティン・クルーズ、
パスクエール・アリアルディ、ミカエラ・ディッカー
 世界中でメガ・ヒットした同名ゲームを原案とした、サバイバルアクションホラー映画。特殊効果は同監督と「イベント・ホライゾン」で組んだリチャード・ユリシッチ。音楽は「スクリーム」のマルコ・ベルトラミと映画音楽初挑戦のマリリン・マンソン。
 アンブレラ社の秘密地下研究所「ハイブ」で、研究中のウィルスが何者かによって散布されてしまう。ハイブに送り込まれた特殊部隊は、倒れていたアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を発見する。一同は彼女を帯同しハイブへ侵入するのだったが、そこには予想を超える光景が広がっていた…
バイオハザード


Good!

ゲームのプレイ経験がなくても楽しめる作品です。もちろんゲームをやったことのある人は、お馴染みの敵と再会できてニンマリ。B級映画を意識して作られたゲームが原作なのだから、この映画がB級でも問題なし。ただ、あえてB級を狙うなら、記憶喪失などの設定は排除すべきだったかも。

ミラ・ジョヴォヴィッチの魅力が光る。なにより雰囲気が良いし、この映画にピッタリはまってる。男好みのする衣装を妖艶に着こなす姿にも惚れ惚れ。監督とミラ、ならではの作品。ミラをここまで美しく撮ることができた映画は他に知らない。

マリリン・マンソンの音楽が素晴らしい! 才能ありますね。原作のバイオシリーズも音楽はゲーム界トップレベル。音楽が良いと作品にのめりこんでしまいます。

レーザートラップのシーンが印象的。逆に言えば、それだけゾンビ君たちの印象が薄かったとも……。

音響で驚かせることに批判的な方もいらっしゃると思いますが、元来バイオシリーズはその側面を持っています。ゲームを楽しむごとく映画を観てもらうという意図のもと、原作ゲームの演出をあえて残したと思っています。ミラの露出は映画としては不要ですが、これも原作にそのような描写があります。


    DVD          ゲーム          書籍        ファッション


No good

全体的に緊張感がなく、ホラーやアクションも凄いわけじゃない。ゲーム版のキャラを出したり、ゾンビをもっと倒してくれれば、もう少し見ごたえがあっただろう。謎になってる部分のカラクリも本当につまらない。

なんだか落ち着いて観てしまった。ゾンビが出てきても怖くない。なぜならゲームと違って主人公がやられることがないから。ゲームだからこそ安易な設定でも楽しめるものだとわかった。あのゲームの絶望感・恐怖感を再現しようとすれば、もっと設定をイジる必要があった。

ラクーンシティの造形が少し違う気がする。あそこはもっと退廃的な雰囲気が漂ってる地区。高いビルなどいらない。単純にビックリ効果を狙うよりも、恐怖の下地をきっちり練りこんだものを観たかった。監督がアクション映画に不向きなうえに、ホラー路線まで見当違いだと白ける。

我々と主人公の間にやや距離があるため、主人公に共感できなかった。絶望的な状況でも、さほどドキドキしない。記憶喪失が裏目……?

スーパーマリオをあんなおどろおどろしい雰囲気に作り変えたくせに、今度はバイオをハイテク・スタイリッシュに作り変えるなんて! どうかしてる! お前ら映画屋の独自性なんて、こっちは全然興味ないんだよ! 原作を潰すな!


【関連作品】
『バイオハザードV リトリビューション』 (同シリーズ)
『バイオハザードIV アフターライフ』 (同シリーズ)
『バイオハザードIII』 (同シリーズ)
『バイオハザードII アポカリプス』 (同シリーズ)
『エイリアンVSプレデター』 (ポール・W・S・アンダーソン監督、コリン・サーモン出演)
『モータル・コンバット』 (ポール・W・S・アンダーソン監督)
『パーフェクト・ゲッタウェイ』 (ミラ・ジョヴォヴィッチ主演)
『ジャンヌ・ダルク』 (ミラ・ジョヴォヴィッチ主演)
『フィフス・エレメント』 (ミラ・ジョヴォヴィッチ出演)
『007 ダイ・アナザー・デイ』 (コリン・サーモン出演)
『アバター』 (ミシェル・ロドリゲス出演)
『S.W.A.T.』 (ミシェル・ロドリゲス出演)
『ワイルド・スピード』 (ミシェル・ロドリゲス出演)




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。